2007年05月21日

妖奇士 あやかしあやし

妖奇士 あやかしあやし

『天保異聞 妖奇士』(てんぽういぶん あやかしあやし)は、ボンズ (アニメ制作プロダクション)・毎日放送制作のテレビアニメ。

ストーリー

時は天保14年。マシュー・ペリー提督の黒船が来る10年前。異界から来たと思われる、骨肉を持った獣「妖夷(ようい)」。それに立ち向かうは「蛮社改所(ばんしゃあらためしょ)」と呼ばれる組織のメンバー達、「奇士(あやし)」と呼ばれる者だった。

登場人物

蛮社改所

;竜導往壓(りゅうどう ゆきあつ) 

声優:藤原啓治 / 少年時代・進藤尚美:本作の主人公。39歳。

幼い頃現世とは別の場所である『異界』に迷い込んだ際、森羅万象各々の持つ「名前」を取り出し、その力を引き出すことで己が力とすることが可能な『漢神(あやがみ)』という能力を得る。:町の人間からは「ゆき」と呼ばれる。左腕には、浮民の証である入れ墨が彫られている。生来は旗...(Wikipedia:妖奇士)

posted by 妖奇士 サーチ at 10:47| Comment(34) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妖奇士サーチ

説一「妖夷、来たる」

湯屋で湯汲みをしていた竜導往壓は、陸奥から流れてきた農民の親子に出会った。たえと央太というその親子は、何かに追われている様子。二人を自分の長屋にかくまう往壓だったが、央太が「異界」を求めて飛び出していってしまう。その思いに応えるかのように出現する「異界」。そこから、巨大な妖夷が姿を現し……。

  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


説二「山の神堕ちて」

妖夷の争いに紛れて、往壓そしてたえと央太の親子は放三郎の屋敷に連行されてしまった。放三郎の目的は往壓を奇士に迎え入れることだった。そんなとき、たえと央太を追って、屋敷に妖夷・山子が出現。その最中、姿を消した央太。宰蔵とともに央太を探して町へ出る往壓。そこで、往壓は宰蔵から山子出現の背景を聞く。

  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


説三「華江戸暗流」

日比谷の地下に存在する「蛮社改所」の本部に足を踏み入れた往壓。そこで、捕らえた山子を調理して食べる奇士たち。彼らは改めて、往壓に奇士となるよう勧めるのだった。その頃、江戸の各地で鎧の妖夷が出現していた。ある具足屋で、狂ったように黄金の鎧を探す老人を見る往壓。その老人には異界の陰があった。


  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


説四「生き人形」

見世物小屋界隈で人が消えるという謎の事件が頻発していた。妖夷が関係しているのか調査するため、奇士たちが出動する。往壓は、ある見世物小屋で異人の少女・アトルと再会する。彼女は素性を隠し、雪輪という白馬とともに曲馬乗りをしていた。この事件の裏に、アトルと雪輪が絡んでいると見る奇士たちだったが……。


  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


説五「ひとごろしのはなし」

生き人形に乗り移った妖夷を漢神で倒す往壓。格闘の最中、鳥居の命によりアトルの馬・雪輪が捕らえられてしまう。アトルを匿った往壓は、彼女から自分の傍に悪魔の姿が見えると言われる。その頃、お篠という女性が小笠原の屋敷を訪れた。往壓の昔馴染みだというお篠は、十五年前、往壓が犯した罪を訴えに現れたのだった。


  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


説六「竜気奔る」

十五年前に犯した罪の記憶を取り戻していく往壓。その頃、アトルの馬・雪輪は鳥居耀蔵の手によって捕らえられていた。鳥居は雪輪を異国の神であると言い、その妖夷を操る能力を見定めようとしていたのだ。鳥居の飼う妖夷の血に、昂ぶり暴れだす雪輪。変貌した雪輪を鎮めるために、アトルは自らを犠牲にしようとして……。


  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


妖奇士 説七「竜は雲に」

怒り昂ぶる雪輪を鎮めるため、立ち向かう奇士たち。往壓は雪輪から漢神を取り出そうとするが、その名が見つからない。雪輪の放つ冷気に、なす術のない往壓。その苦境に、雲七は自分の体から漢神を取り出すよう往壓に言うのだった。だが、漢神を取り出せば雲七は妖夷のように消えてしまうのではないかと往壓は躊躇する。


  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


妖奇士 説八「狐芝居」

芝居町で面だけを残して人が消えるという怪事件が起きる。調査に動き出した奇士たちは、芝居町で金色に光る狐に取り囲まれてしまう。往壓の力で窮地を脱するが宰蔵は往壓の協力を拒み、一人で事件を解決すると言い出す。宰蔵は往壓の力を恐れていたのだ。芝居町に訪れた宰蔵は、豊川一座という女芝居の一行に出会う。


  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


説九「面と怨」

宰蔵を救うため、芝居小屋へとやって来た往壓たち。宰蔵は狐たちに囲まれ、面の妖夷に取りつかれてしまっていた。外へと飛び出していった宰蔵は、その舞いで江戸市中の怪たちを目覚めさせていく。騒ぎの発端に宰蔵がいると鳥居に知られた小笠原は、宰蔵を始末するという苦渋の決断を下す。往壓はそれを拒むが……。


  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


説十「弥生花匂女神楽

面の妖夷に取りつかれたまま、芝居町に向かう宰蔵。面の妖夷・無慈儺は、別の者になりたいという人の願望を喰っているという。女でありながら男として育てられた宰蔵が抱く願望とは……。宰蔵から漢神を取り出そうとする往壓。だが、宰蔵はそれを頑なに拒む。自分の名に込められた意味を暴かれることを恐れていたのだ。


  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


説十一「日光怪道」

将軍の日光参詣に先立ち、日光街道の妖夷退治を命じられた往壓。小笠原と二人で日光へ旅立つが、そこには種々の妖夷がはびこっていた。同じく妖夷退治に動く鳥居の手下である本庄たち。一方、小笠原のかつての友人・加納政之進は本庄を追いかけ、仇討ちを果たす機会を窺っていた。小笠原は加納を止めようとするが……。
posted by 妖奇士 サーチ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「天保異聞妖奇士」ストーリー

  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----

「天保異聞妖奇士」ストーリー

時は天保14年。マシュー・ペリー提督の黒船が来る10年前。

異界から来たと思われる、骨肉を持った獣「妖夷(ようい)」。

それに立ち向かうは「蛮社改所(ばんしゃあらためしょ)」と呼ばれる組織のメンバー達、「奇士(あやし)」と呼ばれる者だった。

将軍の日光参詣に先立ち、日光街道の妖夷退治を命じられた往壓。

小笠原と二人で日光へ旅立つが、そこには種々の妖夷がはびこっていた。

同じく妖夷退治に動く鳥居の手下である本庄たち。

一方、小笠原のかつての友人・加納政之進は本庄を追いかけ、仇討ちを果たす機会を窺っていた。

小笠原は加納を止めようとするが……。

  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----

主人公が気になる。

蛮社改所 竜導往壓(りゅうどう ゆきあつ)

本作の主人公。39歳。

特殊能力は漢神。幼い頃に異界に入り込んで以来、この力を持った。

浮民の証である入れ墨を入れている。

町の人間からは「ゆき」と呼ばれる。

生来は旗本の人間だったが、異界から戻って以降、何をしても満たされず、また異界に連れ戻される恐怖心から結果的に全てを失ってしまう。

浮浪者同然の生活をしていたが、その漢神の能力を買われ、蛮社改所に加わる事となる。

  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----

過去には幼馴染の雲七を殺めてしまい、漢神の力で自分にしか見えない雲七を作った。

雲七が自分にしか見えないと発覚するまでそれに関しての記憶は封じられていた。

性格は暗そうだが内面は明るい。

説五によると15年前は用心棒の浪人で、喧嘩、博打、女、酒に手を出していた。

主人公が39歳と言うのもアニメの世界では珍しい。

  -----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----妖奇士サーチ-----


posted by 妖奇士 サーチ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。